2009年05月13日

金融商品取引所

金融商品取引所とは、内閣総理大臣の免許を受けて金融商品市場を開設する金融商品会員制法人、もしくは株式会社をいいます。金融商品取引所に上場される上場商品は有価証券、または市場デリバティブ取引のための金融商品等であります。

これまで、証券取引法に基づく証券取引所と金融先物取引法に基づく金融先物取引所とに分かれていましたが、金融サービスの横断的な規制等を目的として、「証券取引法等の一部を改正する法律」及び「証券取引法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」が施行されました。

そして、それに伴って証券取引法は「金融商品取引法」と題名が改められ、金融先物取引法等が廃止された結果、証券取引法及び金融先物取引法上の各取引所に関する規定が統合され、金融商品取引法上の金融商品取引所となったのです。

また、これまで、証券取引所はその名称、商号に「証券取引所」という文字を用いなければならない決まりになっていて、同様に金融先物取引所についても「金融先物取引所」との文字を名称、商号に用いるものとされていました。

金融商品取引法第86条第1項では、その名称、もしくは商号に「取引所」という文字を用いなければならないとするにとどめたため、これまでどおり「証券取引所」、または「金融先物取引所」との名称を用いることが可能となっています。
posted by 注目銘柄 at 17:35| 証券会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする